/

この記事は会員限定です

コロナが問う医療提供の課題(7) 逼迫解消、「選択と集中」が軸

一橋大学准教授 高久玲音

[有料会員限定]

分散型の受け入れ態勢をとった日本と対極にあるのが英国でしょう。既に触れたように、英国では病床数の半数程度の新型コロナ患者を受け入れた大規模病院もあり、患者はいくつかの病院に集中しています。

また、英国では体外式膜型人工肺(ECMO=エクモ)の使用は6施設に限定されており、「症例を多く積むことで治療スキルが向上する」という経験則が徹底されているようです。一方、わが国では約1400台のエクモが全国各地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン