/

この記事は会員限定です

コロナが問う医療提供の課題(2) 患者受け入れが病院収益に影響

一橋大学准教授 高久玲音

[有料会員限定]

2020年3月の新型コロナウイルス感染第1波では、感染者の治療を優先するため多くの不急の手術や治療が延期されました。

同年5月の入院医療費(速報)は前年同月比でマイナス10.1%、入院外では同マイナス15.4%を記録しました。診療報酬の抑制政策により病院の利益率がおおむね2~3%で推移する中で、このような記録的な医療費の低下は病院の経営を直撃しました。病院団体の調査によると20年冬のボーナスを減額...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン