/

この記事は会員限定です

色とりどりのジャガイモ32種、食べ比べで食卓を豊かに

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

農業を始める人が農協や市場を通さず、自分で農産物を売るのはいまや珍しいことではなくなった。彼らの多くが目指すのは、消費者と直接つながることだ。そうした農家が増える中で、どうすれば特徴を出すことができるのか。

「いろんなジャガイモを作っています」。東京都瑞穂町で農業を営む田口明香さんから電話でそう言われたとき、10種類くらいを想像した。だが、その点を確認すると、返ってきた答えは「32種類」だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1298文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン