/

この記事は会員限定です

伊藤忠、異例の社長人事に秘めた「三冠」への野望

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

伊藤忠商事が「岡藤改革」の最終章に入る。4日に発表した2020年4~12月期決算は競合他社と比べれば堅調だった。株価と時価総額、純利益で商社トップとなる悲願の「三冠」を目前に社長交代を決めたが、注目を集めたのは岡藤正広会長CEO(最高経営責任者、71)の続投だろう。経営トップとなって12年目に突入する。1年余り前には引退も考えたという岡藤氏は、なぜとどまったのか。

伊藤忠は鈴木善久社長COO(最高執行責任者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2595文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン