/

この記事は会員限定です

高度な知財活用、挑む新興 トップ主導で大企業をリード

法務インサイド

[有料会員限定]

知的財産の高度な活用に挑むスタートアップ企業が現れている。アイデアにIT(情報技術)を組み合わせるビジネスモデル特許、特許を開放と独占で使い分けるオープン&クローズ戦略、知財をテコにした新株予約権の大学への付与などの事例だ。原動力はトップの主導やガバナンス体制の構築。知財など無形資産の活用に手間取る大手企業に、むしろ先行する例も出ている。

「新規性の高い事業を守るため自ら特許を考えている」。不動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2592文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン