/

この記事は会員限定です

ASEAN、貿易で中心的な役割を マルティ・ナタレガワ氏

インドネシア前外相

[有料会員限定]

世界の人口と国内総生産(GDP)の約3割をカバーする、日本や中国など15カ国が11月、東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)に署名した。RCEPが中国主導の交渉だったというとらえ方があるようだが、2011年に交渉枠組みを提案したのは東南アジア諸国連合(ASEAN)だった。提案により、自由貿易の国々が広域の自由貿易協定(FTA)を議論する流れが確立され、実現の可能性が生まれたといえる。

12年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1534文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン