/

この記事は会員限定です

脱炭素が予感させる銅相場「1万ドル時代」

編集委員 志田富雄

[有料会員限定]

代表的な非鉄金属である銅の国際相場が5月、指標になるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物で一時1㌧1万700㌦台まで上昇し、2011年2月に記録した史上最高値(1万190㌦)を10年ぶりに更新した。LMEの超長期の先物は、高値は一時的ではなく「銅価1万㌦時代」の到来も示唆している。

銅相場は中国経済の台頭が顕在化する03年まで、30年にわたって1000~3000㌦のレンジを上下し、3000㌦を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1827文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン