/

この記事は会員限定です

市民農園と生産緑地

時流地流

[有料会員限定]

◆私事だが、自治体や民間が運営する市民農園で野菜作りを始めて15年になる。今は毎週末、車で千葉県市川市の農園に通っている。素人でもこれだけやればそれなりに様々な作物を収穫できる。気分転換が始めた理由だったが、私だけではないのだろう。農園のアドバイザーさんによると「コロナ後、見学を希望する人が増えた」という。

◆農水省によると、2020年3月末現在で全国に4169の市民農園がある。神奈川県が最も多く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン