/

この記事は会員限定です

脱炭素、最小コストでの転換を 小山堅氏

日本エネルギー経済研究所専務理事

[有料会員限定]

世界で温暖化ガス排出実質ゼロを目指す「カーボンニュートラル」達成を目標に掲げる国が相次いでいる。先行して2050年カーボンニュートラルを目指していた欧州連合(EU)に続き、20年9月には中国が60年の実現、次いで10月、菅義偉首相が50年達成を目指す方針を明示し、韓国もそれに続いた。米バイデン政権も50年の実現を目指している。

この4カ国とEUだけで、世界の二酸化炭素(CO2)排出の約6割を占める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン