/

この記事は会員限定です

ヒット史に見る震災後10年 消費一変、コスパとときめき

[有料会員限定]

東日本大震災の発生からもうすぐ10年になる。この間のヒットの歴史を振り返ると、今のライフスタイルを形作る商品やサービスで埋め尽くされている。震災以前とは断絶し、節約とぜいたくの二極化が加速。同時にソロ(一人行動)化する個人を再接続するサービスが急速に広がった。

ヒット史は「日経MJヒット商品番付」をベースとした。節約を象徴するのは2011年の横綱「節電商品」だ。電力不足から発光ダイオード(LED)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン