/

この記事は会員限定です

「次のテスラ」逃さぬために 有望企業との関係作りを

論説委員 田中 暁人

[有料会員限定]

電気自動車(EV)最大手の米テスラが2020年12月期に通期ベースで初の最終黒字を計上した。世界の自動車大手がEVで赤字を垂れ流すなかでの達成だが、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は今年1月27日の決算会見で「まだ始まりにすぎない」と総括。足元で年間50万台規模のEV販売を、毎年1.5倍ずつ拡大させる見通しを明らかにした。

テスラの株価は10年の上場から約200倍に上昇、マスク氏は米アマゾ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン