/

この記事は会員限定です

「デジタル憲法」に足りないもの 変容する個人と国家

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

首相の菅義偉肝いりのデジタル改革。国・地方の情報システムの統合、マイナンバーと同カードの活用拡充、その司令塔となる「デジタル庁」創設など幅広い法整備に取り組む。その割に国会の反応は鈍く、特別委員会を設置して審議する動きもない。それは「デジタル社会の憲法」となるべき基本法案の物足りなさとつながっている。

「特別委員会」国会音なしの構え

菅が2月9日に国会に提出したデジタル改革関連法案は6本。まず2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン