/

この記事は会員限定です

量子時代の通信、安全競う 米ITがソフト共同開発

[有料会員限定]

米マイクロソフトや米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)などは共同で、量子コンピューターが普及しても安全な通信を実現するソフトウエアを開発した。次世代の超高速計算機でも解読しにくい暗号を、通信で使えるようにするのが目的だ。中国も安全な通信技術の確立を急いでいる。米巨大IT(情報技術)企業が連携し、世界の主導権を握る狙いだ。

インターネット通販や暗号資産(仮想通貨)などの通信では暗号化するソフトをブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン