/

この記事は会員限定です

AIが絵を描いたら、異色のモナリザに 革新は間近

[有料会員限定]

文字だけでは伝わりにくい内容を、絵や写真を使って分かりやすく説明したい――。多くの人が感じたことがある思いを、手軽に実現できる人工知能(AI)が誕生した。見てみたい画像を言葉で指示すれば、様々なタッチで描いてくれる。いわば「画家AI」だ。「見る」「話す」という人間の基本動作の橋渡しになる技術で、人間らしさを持つAIの土台になりそうだ。

「ハープでできたカタツムリ」「カメ似のキリン」「アボカドの形を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン