/

この記事は会員限定です

規制委、東電に是正措置命令へ 柏崎刈羽のテロ対策不備

(更新) [有料会員限定]

原子力規制委員会は24日、東京電力ホールディングスに対して、原子炉等規制法に基づき、再稼働に必要な核燃料の移動や装塡を禁じる行政処分の是正措置命令を出す方針を決めた。東電の柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)でテロ対策として設けた監視装置の故障を長らく放置していたことを問題視した。東電の弁明を聞いたうえで正式に決める。東電が目指す柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働は一段と不透明になった。

是正措置命令は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り819文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン