/

この記事は会員限定です

アンモニア製造も脱炭素 再エネ活用、原料は空気と水

[有料会員限定]

世界で広く使われるアンモニアを、二酸化炭素(CO2)を出さずに造る技術が開発された。化石燃料を使わず、再生可能エネルギーを用い空気と水から合成する。約100年も続く現在の製法は大量のエネルギーが必要で、CO2の排出量も膨大だ。アンモニアは燃やしてもCO2が出ない燃料としても使え、脱炭素社会の実現のカギを握ると期待を集める。

世界のアンモニア生産量は年間約1億8千万トンに上る。基礎化学原料エチレンな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1471文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン