/

この記事は会員限定です

ワクチン接種で集団免疫 変異ウイルスで再流行も

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が先行する国がロックダウン(都市封鎖)を緩和する動きが相次いでいる。イスラエルは2月21日に緩和を実施し、英国も3月8日から段階的な緩和に踏み切った。判断を後押しするのが、これらの国で進む大規模なワクチン接種だ。ワクチン接種が進んで流行の拡大が起こりにくくなった状態は「集団免疫」と呼ばれる。ただ完全に流行が収まるわけではなく、変異したウイルスの出現で再び流行が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1877文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン