/

この記事は会員限定です

東電、福島第1の地震計の故障を放置 データ取れず

[有料会員限定]

東京電力ホールディングスは22日、福島第1原子力発電所3号機に設置した地震計の故障を放置し、13日夜に福島県沖で起きた地震のデータを取得できていなかったことを原子力規制委員会の会合で明らかにした。規制委は今回の地震を巡る東電の対応を問題視している。

東電は福島第1に関する規制委の会合で、地震への対応状況を説明した。震度6弱を記録した大熊町にある3号機には2カ所に地震計を設置していたが、故障で揺れを記録できなかった。東電は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン