/

この記事は会員限定です

水害が被災リスクを増幅 自治体ごとの遭遇率分析

[有料会員限定]

地震や洪水、土砂崩れなどの自然災害の中で、自治体の被災リスクを押し上げるのは津波や高潮などの水害であることがわかった。学会が過去のデータを分析した結果、海や川沿いの自治体では災害に遭うリスクが高まった。専門家は、水害リスクが高い地域の対応整備を急ぐとともに、医療体制や食糧備蓄などのソフト面での備えが減災の鍵を握ると指摘する。

日本は地震や台風など多くの自然災害に襲われる。死者が10人以上や被災者が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン