/

この記事は会員限定です

柏崎刈羽原発の燃料装荷 規制委「手続き保留」

[有料会員限定]

原子力規制委員会は17日の定例会で、東京電力ホールディングスの柏崎刈羽原子力発電所7号機(新潟県)に関して、再稼働前に必要な燃料装荷について「手続きを当分の間保留する」との方針を確認した。テロ対策などのために設置した監視装置が長期間にわたり故障していた問題を受けた対応だ。

柏崎刈羽7号機は規制委の安全審査に合格して、再稼働に向けた規制手続きが終盤にさしかかっていた。再稼働の前に核燃料を原子炉に入れる試験などをする必要があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン