/

この記事は会員限定です

コロナ後遺症「脳に霧が…」 慢性疲労症候群と関係か

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染後に回復したにもかかわらず、様々な後遺症で苦しむ人が相次いでいる。そんななか、「ブレインフォグ」とよぶ脳に霧がかかったような状態を経験する人が少なくない。ただ、ウイルスとの因果関係や発症する仕組みなどに不明な点が多い。米国は本格的な調査に乗り出した。

新型コロナでは様々な後遺症が報告されている。感染症で広く報告される倦怠(けんたい)感や頭痛、呼吸困難に加えて、嗅覚や味覚の異常、睡眠障害、脱毛などがある。新型コロナの感染拡大がいまだに収まらないなか、後遺症の研究や対策が後手に回っている。

ブレインフォグは頭の中に霧がかかったような状態で、考えたり集中したりするのが難しくなる。日本神経学会理事の下畑享良・岐阜大教授は「臨床医にとってなじみの薄い用語だ」と話す。正式な病名ではなく、あくまでも患者が訴える自覚症状だ。新型コロナウイルス感染症に関する論文報告などでたびたび使われるようになり、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン