/

この記事は会員限定です

AI倫理規制、欧州が先陣 日本も対応急務

[有料会員限定]

人工知能(AI)の普及に向けて倫理的な問題への対応が重要な焦点になってきた。米国ではAIによる顔認証などが差別的だとの批判を呼ぶ事例が相次ぐ。欧州ではAIの開発や利用に対し責任や倫理について定める規制の検討が進む。日本も対応を迫られそうだ。

AIを巡るルールづくりで先行するのは欧州だ。欧州議会は2020年10月、法制化を念頭にAIの倫理、責任、知的財産に関する3つの提案を採択した。学習能力を持つ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1380文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン