/

この記事は会員限定です

動き出す群衆、塞がる道 人流シミュレーションの警告

防災フロンティア

[有料会員限定]

オフィスでの仕事中、学校での授業中に大地震が襲ってきたらどうするだろうか。家族に電話してもつながらない。電車は止まってしまった。路上に飛び出し、自宅へ向かって歩き出す人は少なくないだろう。最新のシミュレーション(模擬実験)技術は、多くの人が同じように行動することによって引き起こされる混乱を描き出す。(矢野摂士)

震災時の帰宅困難者515万人

大きな災害が発生した際、家族を心配して早く帰宅しようと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2518文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災から11年、復興・創生期間がほぼ終了した被災地。インフラ整備や原発、防災、そして地域に生きる人々の現在とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません