/

この記事は会員限定です

はやぶさ2、カプセル内に砂粒 小惑星のものか

(更新) [有料会員限定]

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、探査機「はやぶさ2」が地球に届けたカプセルの中から、小惑星「りゅうぐう」のものとみられる黒い砂粒が見つかったと発表した。関係者によると、カプセル回収後に中から採取できていたガスを分析したところ、宇宙由来の成分であることも確認されたという。

小惑星は「太陽系の化石」とも呼ばれ、太陽系が誕生した46億年前の痕跡が残るとされる。特に地中の物質は太陽や宇宙線による...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン