/

感染性腸炎 治療法の仕組み解明 大阪市大、ふん便使用

大阪市立大学の藤本康介助教や東京大学の研究チームは、欧米で流行する致死率の高い感染性腸炎について、他人の便を使った治療法の詳細な仕組みを解明した。腸内の細菌のうち、炎症に関わる菌や細菌群のバランスの改善に関わる菌を突き止めた。有効で安全性の高い治療法の開発につながる。

腸内にすむ細菌の一つ、クロストリディオイデス・ディフィシル(C・ディフィシル)で腸炎を発症した患者を調べた。他人の便を腸内に移植して回復した9人の米国の患者について、移植前後の腸内細菌の種類などを解析した。

移植後に減った菌は炎症の発生に関わり、増えた菌は腸内細菌のバランスを改善するのに関わっていた。炎症の発生に関わる菌だけを取り除く方法を開発すれば、治療に役立つ可能性がある。

C・ディフィシルは健康な人の腸内にも存在する。普段は悪さをしないが、抗生物質の使用などで腸内細菌のバランスが乱れると増えて腸炎や下痢を引き起こす。

欧米では抗生物質に耐性があり毒性の強いタイプが流行する。米国では年間20万~30万人が感染して数万人が死亡するなど被害が大きい。院内感染が起きやすいため日本でも警戒されている。強毒タイプは日本ではまだ流行していないとみられるが、今後の流行に備え治療法の開発が急がれる。

便移植法は健康な人の便にいる細菌を移植し、腸内細菌のバランスを改善する仕組みで、治療効果が高い。ただ効果をもたらす詳しいメカニズムは不明だった。移植に適する便を見分けにくいのが課題だ。米国では抗生物質に耐性のある菌を含む便を移植したために、患者が死亡した例があり、安全性の向上が求められている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン