/

この記事は会員限定です

福島第1処理水、放出準備期間「短縮可能」 設備工夫で

更田豊志・原子力規制委員会委員長インタビュー

[有料会員限定]

原子力規制委員会の更田豊志委員長は18日、日本経済新聞の個別インタビューに応じ、東京電力福島第1原子力発電所の処理水に関して、2年程度としてきた放出の準備期間について「設備上の工夫をすれば短縮できる」との認識を示した。処理水がたまり続ければ「廃炉作業を暗礁に乗り上げさせてしまう危険性がある」として、政府による早期決定の必要性を強調した。

福島第1の事故10年を前に個別インタビューに応じた。廃炉作業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1929文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン