/

この記事は会員限定です

関東直下 天然資源生む地下生命圏の謎解き、産業創造へ

科学記者の目

[有料会員限定]

関東直下に広がる「南関東ガス田」。エネルギー資源に恵まれない日本にとって貴重な天然ガス(メタン)資源で、同時に採取されるヨウ素も膨大だ。日本はヨウ素の生産量で世界2位を誇る。こうした国産天然資源を生み出しているのが地下の生命圏だ。海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究でガス井戸から今も息づく微生物の世界と新産業の芽が見えてきた。

房総半島中部にある旧城下町の千葉県大多喜町。明治時代半ば、水の井戸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2344文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン