/

この記事は会員限定です

熱操り電気取り出す新材料、IoT機器センサーに期待

[有料会員限定]

熱から電気を取り出すことができる「熱電変換材料」で、物質・材料研究機構の研究成果が注目されている。熱電変換性能が極めて高い新材料が登場したほか、身の回りにある材料で安価に製造できる技術も開発された。地球温暖化対策に加え、すべてのモノがネットにつながるIoT機器のセンサー電源として応用が期待されており、実用化研究も加速しそうだ。

「熱を操れ」。11月27日に開催された物質・材料研究機構のオンラインイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン