/

この記事は会員限定です

原子力規制委、地震指針見直し検討 大飯判決で争点

[有料会員限定]

原子力規制委員会の更田豊志委員長は9日、原子力発電所の地震評価に使う指針「地震動審査ガイド」の見直しを検討する考えを示した。関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の設置許可取り消しを命じた4日の大阪地裁判決で争点になった。更田委員長は「(大飯原発の安全審査に)過誤も欠落もなく判断に自信を持っている」と説明している一方、同ガイドについては規制委内部でも表現の分かりにくさが指摘されていた。

審査ガイドに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン