/

この記事は会員限定です

遺伝子が導く優しさ 動物や人類に宿る「人好き」気質

協調の方程式(下)

[有料会員限定]

生命の設計図であるゲノム(全遺伝情報)に「優しさ」を育む領域があるかもしれない。家畜は人をそれほど恐れない。人を嫌う野生動物から、人と協調する遺伝子をより分けてきたためだ。私たち人類も他人と仲良くなる「進化」をたどっていれば、協調性を発揮するのはたやすい。

食用や毛皮用のウサギが家畜になったのは1400年前からとされる。南フランス原産の野生ウサギから、他と接するのを好むウサギの交配を繰り返し、人懐...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1470文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン