/

この記事は会員限定です

ドローンで挑む「72時間の壁」 見えない被災者捜す眼に

[有料会員限定]

災害発生から被災者の生存率が急激に低下するとされる「72時間の壁」の突破に向けて、ドローン(小型無人機)を活用した技術開発が進む。被災者の呼吸の有無を確認する技術が報告されたほか、複数の小型ドローンを使って地図なしで崩壊した建物内の捜索技術も開発中だ。日本の大学病院では、治療優先度を決める「トリアージ」にドローンを生かす訓練を始めた。

地震や土砂崩れなどで家屋や建物が崩壊した場合、がれきや倒木、土...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン