/

この記事は会員限定です

脱炭素 頼りは「老朽」原発 再稼働も道のり険し

[有料会員限定]

国内にある原発の老朽化が進んでいる。2030年までに新たに11基の原発が運転開始から40年を迎える。原発の運転期間は国内では原則40年だが、安全性が確認されれば最大20年の運転延長が認められる。11月には関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)について、同町の議会が運転期間が40年を超える原発として全国で初めて再稼働に同意した。運転期間の延長は安全性を保ちつつ慎重な運用が求められる。

原発の運転期間は1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1915文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン