/

母親の子宮頸がん、子供の肺がん原因に 発症例を発見

国立がん研究センター

国立がん研究センターなどは7日、母親の子宮頸(けい)がんが子供の肺がんの原因になった例を見つけたと発表した。出産時に母親のがん細胞を吸い込み発症したという。まれなケースだが「子供の健康のためにも子宮頸がんの予防が重要だ」と研究チームは指摘している。

肺がんと診断された男児2人と、いずれも子宮頸がんを発症した母親の遺伝子解析を実施した。子供の肺がん細胞はいずれも母親由来の遺伝情報を持っていた。男児と母親の双方から、子宮頸がんの原因となる同じタイプのヒトパピローマウイルス(HPV)の遺伝子も見つかった。男児の肺がんは母親の子宮頸がんが移行し発症したと結論づけた。

出産時に母親の子宮頸がんの細胞が羊水に混じり、子供が初めて泣いた際に羊水とともに肺に広がったとみている。羊水の吸入による母親から子供へのがん移行を報告したのは初めてという。

今回の肺がん患者のうちの1人は、がん免疫薬「オプジーボ」の投与でがんが消えたという。この薬はがんに対する免疫細胞の攻撃力を高める作用がある。母親由来のがん細胞を異物と認識し、免疫の働きが高まったと考えられる。

日本では子宮頸がんに毎年約1万人がかかり、約3000人が死亡している。HPVへの感染が主な原因だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン