/

この記事は会員限定です

宣言延長に識者「時短要請の効果不明」「変異の監視を」

[有料会員限定]

政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて発令した緊急事態宣言について、栃木県を除く10都府県で1カ月延長することを決めた。現状の認識と今後の見通しについて、東京慈恵会医科大学の浦島充佳教授と東京医科大学の浜田篤郎教授にそれぞれ聞いた。

東京慈恵会医科大学の浦島充佳教授「政府はシナリオの説明を」

緊急事態宣言によって、感染抑制へ向けてブレーキを踏むというメッセージが伝わり、市民がどうすべきかが明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン