/

この記事は会員限定です

健保の24%、年収減・保険料増が同時に 手取り減少

2009~19年度、日経調査

[有料会員限定]

大企業の従業員が加入する健康保険組合の財務データを分析したところ、2009年度から19年度(見込み)の間に全体の24%で加入従業員の平均年収が減ると同時に保険料が増えていたことがわかった。財務体質を立て直すために保険料率を引き上げたことが主因だ。手取り額が減り、消費意欲を冷え込ませる要因となっている。

健保組合の保険料は諸手当を含む報酬月額に一定の保険料率をかけて決まり、企業と従業員が定められた負担割合に応じて支払う。本来は報酬月額が減ると保険料も減るが、料率が上がると保険料は増える。この10年間で平均料率は7.38%から9.23%に上昇した。

日本経済新聞は厚生労働省への情報公開請求ですべての健保組合のデータ10年分を入手。標準報酬月額、賞与額、料率などから平均年収とそこから差し引く保険料を推計し、手取りへの影響額を調べた。年金保険料や税金の影響は含まない。対象は今の設立条件を満たし、10年前と比較可能な1200組合。

1人あたりの平均年収が減り、保険料が増えたのは全体の24%にあたる284組合だった。手取りが30万円以上減る影響が出たのは11%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン