/

この記事は会員限定です

「脱炭素」特化の投信相次ぐ ESGより基準明確

野村アセットなど貢献銘柄選定

(更新) [有料会員限定]

温暖化ガスの排出量削減など「脱炭素」に貢献する企業に投資する投資信託が国内で相次ぎ登場する。野村アセットマネジメントが脱炭素関連の銘柄を組み入れる日本株投信を検討しているほか、三井住友トラスト・アセットマネジメントも世界の関連銘柄に投資する。ESG(環境・社会・企業統治)投信より銘柄の選定基準や投資目的が明確なこともあり、個人マネーの受け皿として存在感を増しそうだ。

野村アセットは日本の上場企業を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン