/

この記事は会員限定です

日経平均、コロナに翻弄された2020年 30年ぶり値幅

[有料会員限定]

30日の東京株式市場で今年最後の取引が行われ、日経平均株価は2万7444円で引けた。年末終値としては史上最高値を付けた89年末(3万8915円)以来、31年ぶりの高水準。新型コロナウイルスの感染拡大で急落する場面もあったが、ワクチン開発や巨額の財政出動への期待から年末にかけて上昇した。年間の高値と安値の幅は1万1015円と30年ぶりの大きさとなり、激しい値動きを象徴する数字となった。

異例の大納会

東京・兜町の東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1403文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン