/

投資や仕事にすぐ役立つ 「電子版マーケット」の使い方

ニュースや株価、企業の開示情報を網羅

日経電子版の「マーケットセクション」では日本国内の上場株式や投資信託、外国為替や商品価格など金融市場のニュースやデータ、コラムを網羅しています。新年度を迎えるにあたり、新たに投資を始める方々や新入社員の皆さんの仕事にも役立つ活用術をお伝えします。

「いま、世界のマーケットで何が注目されている?」「日経平均株価はなぜ上昇しているの?」。こういった疑問に答えるのが、「マーケットニュース」のコーナーです。日本経済新聞社やグループ各社の記者らが日々のマーケットや企業の取材を通じて執筆した記事を随時掲載しています。

株式市場の深層を追う「スクランブル」や為替、債券市場などの先行きを展望する「ポジション」といったコラムでは、数字だけでは分からない市場の解説が読めます。

「こんど新たに上場するのはどんな企業?」「あの注目企業の業績はどうだった?」といった疑問に答える企業の業績や財務に関するニュース、コラムも充実しています。新規株式公開(IPO)を控えた社長へのインタビュー「もうすぐ上場します」は投資先を選ぶ手掛かりになるでしょう。上場企業の財務戦略や企業価値を専門記者が分析する「記者の目」は、ほかでは読むことのできない深掘り記事です。

金融市場の豊富なデータを確認できるのもマーケットセクションの特徴です。「世界の市況」のタグをクリックすると国内外の市場動向をほぼリアルタイムで知ることができます。

「ランキング」のタグでは国内の全上場銘柄の上昇率や下落率などが一覧できます。日経電子版のユーザーによる検索数が急増した銘柄のランキングは、銘柄の注目度を推し量るのに役立ちます。

投資信託を検索すると「そのファンドが保有している主な銘柄」がわかります。運用成績が好調なファンドが組み入れる銘柄の情報は投資の参考になります。

上場企業の適時開示情報を確認できる機能もあります。決算や企業の統合などに関する開示は、株価に大きな影響を与える重要な情報です。マーケットセクションでは最新の開示を一覧で表示するとともに、企業ごとのページでも過去の開示や決算情報を遡って確認できます。

こうした企業ごとのページをまとめているのが「日経会社情報デジタル」です。日経電子版のトップページの検索窓で証券コードや企業名を打ち込めば、目当ての企業の情報にたどり着きます。

日経会社情報デジタルでは、株価グラフの機能も充実。移動平均線や一目均衡表といったチャート分析ができます。是非お役立てください。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン