/

ナブテスコ、ハーモニックと提携解消 評価益1300億円

工業用ロボット部品メーカーのナブテスコは29日、同業のハーモニック・ドライブ・システムズと提携を解消すると発表した。保有するハーモニック株1832万株(自己株式を除いた発行済み株式の約19%)を売却する。持ち分の評価見直しによって2021年1~3月期の連結決算で、約1306億円の評価益を計上する。

実際の売却額は1000億円ほどを見込んでおり、このうち500億円程度を22年上半期までに確保したい考え。成長投資や財務の強化に加え、最大200億円規模の自社株買いに充てる。ハーモニックも保有するナブテスコ株(発行済み株式の約2.6%)を売却する方向だ。

両社は05年に米国で合弁会社を設立するなど協業してきたが「新市場の開拓などで想定したほどの相乗効果が生まれなかった」(同社)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン