/

この記事は会員限定です

「日本株に上昇余地」「米金利上昇に警戒」

2021年度の株式市場、識者インタビュー

[有料会員限定]

上昇で始まった2021年度の日本株市場。昨年度は世界的な金融緩和の影響で歴史的な株高となったが、足元では米金利上昇や景気過熱の懸念もくすぶる。上昇の勢いは継続するか。新年度の相場展望を市場関係者に聞いた。

アセットマネジメントOne常務執行役員 青木信隆氏

21年度の日経平均株価は2万7000~3万3000円の間で推移するとみる。米国のインフレは加速せずに、株価が一時的に調整しても8月くらいには上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1243文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン