/

この記事は会員限定です

確定給付年金、代替資産22.5%に拡大 20年民間調査

[有料会員限定]

JPモルガン・アセット・マネジメント(AM)が確定給付企業年金(DB)を対象に実施した2020年の運用動向調査によると、運用商品の中でオルタナティブ(代替)資産の割合が22.5%となり8年連続で拡大したことが分かった。世界的に低金利が続くなか、オルタナの中でも配当(インカムゲイン)を比較的期待できる不動産などへの入れ替えが進んでいる。

調査は100のDB(共済含む)を対象に毎年実施し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン