/

この記事は会員限定です

東京ガスの早川CFO、事業資産「機動的に入れ替え」

[有料会員限定]

東京ガスの早川光毅最高財務責任者(CFO)は日本経済新聞の取材に応じ、今後の事業投資について「将来の資産の入れ替えやすさも考慮して決める」と語った。これまで売却を前提としていなかったが、今後は機動的に権益の一部または全体を売却し、よりリターンが大きいものに資金を振り向けて投資効率を高める考えだ。

同社は今後、脱炭素化につながる投資を拡大する方針。再生可能エネルギー分野では2023年3月期まで3年間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り506文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン