/

この記事は会員限定です

野村HD、2200億円の損失か 米国での顧客取引で

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

野村ホールディングスは29日、米国の顧客との取引に関連して多額の損失が生じる可能性があると発表した。損害が生じる事案が発生したのは26日で、同社から当該顧客に対する請求額は26日時点の市場価格ベースで約20億ドル(約2200億円)。発表を受けて野村HD株は29日、一時前週末比16%安となる場面もあった。

野村の米国市場部門で、ヘッジファンドなどにサービスを提供する「プライムブローカレッジ部門」での取引で損失が発生する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン