/

この記事は会員限定です

クリングルファーマ社長「脊髄損傷薬25年9月期に発売」

[有料会員限定]

大阪大学発のバイオベンチャーで難治性疾患の治療薬を開発するクリングルファーマが28日、東証マザーズに上場した。公募・売り出し価格(公開価格、1000円)を48%上回る1480円で初値を付け、終値は1203円だった。同日に記者会見した安達喜一社長は開発中の脊髄損傷の治療薬について「2025年9月期から製品販売を始め、黒字化を達成したい」と話した。主なやりとりは以下の通り。

――この時期の上場を決めた理由は。

「第1パイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り571文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン