/

この記事は会員限定です

しまむら、9~11月期の純利益3.6倍

気温低下・巣ごもり消費で

[有料会員限定]

しまむらが28日発表した2020年9~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比3.6倍の110億円だった。9~11月期として過去最高となる。気温低下で秋冬物の販売が好調だったほか、値下げの抑制で粗利が改善した。新型コロナウイルス禍を受けた巣ごもり消費で、部屋着やインテリア商品などの需要も堅調だった。

営業利益は前年同期比3.3倍の151億円。売上高(営業収入含む)は16%増の1504億円と、四半期ベースで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り276文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン