/

「交流サイト個人連合」対「投資のプロ」、新常態に

「CO2とCOO(最高執行責任者)は削減対象」。これはバイデン政権について聞かれたときに筆者が常用するジョークだ。脱炭素義務化。規制強化。上層部に厳しく、中間層重視の政権方針を表す。企業幹部との勉強会では「しゃれにならない」と言われ、若手サラリーマン参加のネットセミナーでは「はげどう=激しく同意」と熱烈歓迎される。

交流サイトで結束した個人投機家軍団(投資家ではない)が空売りヘッジファンドを締め上げている件も、富める「体制」側の代表的存在である大手ヘッジファンドから中間層への所得再配分と見れば、バイデン大統領の御意にかなうやも知れぬ。

元フェイスブック幹部で今回のネット上での主導役の1人とされるカリスマ投資家のパリハピティヤ氏などは、日本流にいえば現代版ネズミ小僧のごとき存在としてネット庶民の喝采を受けている。「ヘッジファンド幹部らは高級ホテルの一室で戦略的意見交換を行うが、交流サイトのレディットでは庶民が自由に意見交換している。よほど透明性があるではないか。なお既に私は利益確定した。50万ドルを寄付する」とテレビ緊急生出演で語っていた。ただし、同氏はカリフォルニア州知事立候補を表明しているので政治的発言の匂いも漂う。

その2時間後に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエル議長記者会見も、株価を巡る質問から始まったが、同氏は回答を回避。にべもなくノーコメントと一蹴されると、マーケットは、米連邦準備理事会(FRB)も打つ手なし、との印象を受ける。ダウ平均も、このあたりから下げ幅を拡大。前日比600ドルを超す下げとなった。

ホワイトハウス記者会見でも、この件について質問が飛んだ。サキ報道官の答えは「イエレン財務長官も事態を注視している」。パウエル議長より、やや踏み込んだ印象だ。経済テレビチャンネルも、終日この報道に明け暮れた。

ウォール街では「ヘッジファンドなどスマートマネーが、個人投資家のスモールマネーに屈した」と、やや苦々しげに表現される。米国株式市場にとって今週は重要な決算ウイークで、なおかつFOMCというイベントもあったのだが、「企業決算」や「金融政策」さらに「経験的チャート分析」とは全く無縁の世界で独り歩きするレディット集団に対峙して傍観するばかりだ。米国証券取引委員会(SEC)も緊急声明で事態重視の姿勢を明示した。

このニューヨーク市場最前線の臨場感がなかなか東京市場には伝わらず、もどかしい。かくいう筆者も、本欄昨日、一昨日と2回連続で、この異変について書いてきたが、所詮一過性の珍事程度に見切っていた。しかし、この24時間でのエスカレートに接し、新たな市場参加者の出現という新常態を重く受け止め始めたところだ。

なにせ「なんでもお助けサイト」的なレディットの「ウォールストリート・ベット」というフォーラムは4300万人ものフォロワーをかかえる。昨日、グーグルの検索トップには「ゲームストップ」の名前があった。個人でも結束すればヘッジファンドに勝てることを体得したので、今後の動向も無視できない。

ニューヨーク市場のアナリストも困惑している。くだんのゲームストップ株価は昨日も一日で138%急騰して347ドルで引けた。さすがにバンク・オブ・アメリカのアナリストは目標株価を大幅に引き上げた。といっても1.6ドルから10ドルへ苦肉の「大幅引き上げ」だ。もともと6ドルでも上昇とされた銘柄。がらんとしたモールの中で営業するゲーム小売店舗の実態は厳しい。電子商取引(EC)への移行を新たな経営戦略とするが、売れ筋はマニアが店頭でお宝探しするレアものゆえ、実店舗でなければ存続は難しいと思われる。そのような銘柄の時価が今や円換算で1兆円から2兆円の間で乱高下している。バリュエーションとは異次元の世界だ。

レディット集団は初心者だが、日々の学習効果により、オプションを使った「投機術」を体得しつつある。買い=コールオプション一筋から、売り=プットオプションの併用も始めている。実力通りの株価に戻る場合も想定しているのだ。

対象銘柄も拡大している。昨日は映画館経営のAMCエンターテインメント社が狙われ、1日で301%急騰した。同社とは全く無関係のケーブルテレビ会社AMCネットワークス社も、混同され買われるありさまだ。コダックなどの銘柄にも買いの手が伸びている。

ドタバタ劇の中、株価が急騰したところで、すかさず、ちゃっかり増資して、当面破綻を回避できた企業もある。まだレディット軍団に狙われていない飲食業界からはネズミ小僧待望論さえ聞こえてくる。対して、空売りに懲りたヘッジファンドのなかには、急きょ、仲間のファンドから20億ドル単位の緊急資金救済を受ける事例も発生した。

市場目線ではVIX指数が前日比40%以上急騰して久しぶりに30の大台を突破したことが注目される。時間外でダウ先物は3万ドルの大台を割り込む局面もあった。レディット銘柄のボラティリティー(価格変動性)の激しさに、ビットコイン相場も圧倒されたごとく3万ドルの大台近くまで下落してきた。

願わくは、レディット集団が投機家ではなく投資家になってほしいものだ。いきなりオプションという中上級コースから入門してしまったが、一度は初級コースに戻り、金融リテラシーを高めてくれれば、株式市場にとっても健全な新規参入者軍団となることであろう。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン