/

この記事は会員限定です

株式会社の農地取得 また見送るか

十字路

[有料会員限定]

株式会社の農地取得は長年認められなかった。農地法の自作農主義では耕作者は所有者でなければならないが、株式会社では、耕作者は従業員、所有者は株主になって、これは成立しない。農家が「法人成り」したような厳しい要件の株式会社に限り農水省が認めたのは、農地法の成立から半世紀ほどたってからだ。

しかし農業の担い手を要件の縛りのない株式会社にまで広げないと中山間地域の農地は守れないと、切羽詰まった兵庫県養父市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り562文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン