/

ネットキャッシュ比率が高い銘柄 ゲーム大手が上位に

日本株番付

金融などを除く主要な3月期企業の6月末の手元流動性(現金・預金+有価証券)は100兆円強と過去最高に近い水準だ。成長投資や株主還元などキャッシュの使い道が問われている。

特に資金が潤沢な企業はどこか。日経500種平均株価の構成銘柄のうち3月期決算の351社(金融除く)を対象に6月末時点の手元流動性から有利子負債を差し引いたネットキャッシュを調べ、総資産に対する比率が大きい順にランキングした。上位には巣ごもり需要で業績を伸ばしたゲーム大手が並んだ。

3位は任天堂で、ネットキャッシュ比率は66%。8月から9月にかけて約1000億円の自社株買いを実施した。ただ、業績をけん引していた主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」は足元で販売が減速している。映像展開に向けた投資など次の一手が注目される。ゲームでは他にもミクシィが5位、カプコンが6位に入った。

4位のエン・ジャパンは求人情報サイトを手掛ける。中途採用や派遣などの需要が回復し、今期は大幅増益の見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン