/

この記事は会員限定です

「SDGsネーティブ」育て! 小中高で広がる教育機会

[有料会員限定]

小中学校や高校で「SDGs」(持続可能な開発目標)について学ぶ機会が増えている。授業や特別活動に環境対策や所得格差など関連する17項目を取り入れ、世界的な社会問題の解決に向けて若い世代の活躍を促すのが狙い。国も学習指導要領の改訂などで後押しする。「SDGsネーティブ」を増やすべく、教育現場が変わりつつある。

教育格差、調べて発表

「子どもたちの自己肯定感を高めることで進路の幅を広げ、教育格差をな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1669文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン