/

この記事は会員限定です

日経平均、週初は小幅反発か 米金利警戒は解けず

[有料会員限定]

週明けの日経平均株価は小幅の反発で始まりそうだ。先週末は米長期金利上昇への警戒から一日で1200円超下げ、2万9000円台を割り込む荒れ模様となった。コロナ禍を経て企業業績は改善傾向が顕著で、株式には下値で押し目買いが入りやすいとの見方が多い。ただし米金利の動向はなお懸念要因で、米金利が一段と上昇すれば2万7000円程度まで下落余地があるとの指摘もある。

先週末2月26日の日経平均の終値は前日比1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン